銀次と宴を


  2009年3月20日生まれ  ボストンテリア10キロ女子:銀次のアウトローなおふざけ日記
by ginjitoutage
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

★知ってほしいペットロスのお話 三通目★

三通目の今回は 『 重くなってしまったペットロス 』 についてのお話をします。

一通目と二通目でお話してきたようにペットロスはペットを飼っているすべての人が体験することで 異常な事でも病気でもないので過剰な不安や心配はいりませんが、時にごくわずかなケースですが悲しい気持ちを何らかの理由で抑えこんでしまったり、悲しい気持ちをうまく解放する事ができずに症状が重くなってしまい 『 ペットロス症候群 』 『 ペットロス障害 』 と呼ばれる心の病気に発展してしまう人がいます。
d0187891_14355229.jpg

重いペットロスの原因

★心の準備ができなかった事故死などの突然死

★十分な看護ができなかった、納得のいく治療を受けさせてあげられなかったなどの強い後悔

★初めてのペットの死を迎えた人や今まで肉親等の死別体験がない人

★ペットへの過剰な溺愛や強い依存

他にもペットとの関わり方や環境で人それぞれ抱えるものが影響します。
d0187891_1436094.jpg

ペットロスが重くなってしまう人の性格傾向

★真面目で几帳面

★責任感が強い

★理想が高い

★他人にとても気をつかう

★熱中しやすい

★うつ病などの精神障害の既往歴のある人や現在通院中の人

・・・自分で言うのもなんですが、母ちゃんはほとんど当てはまります。 (のつもりです)
きっとたくさんの人が当てはまることと思いますが、あくまでカウンセリングでのデータですので これを見て新たに不安を感じる必要はないです。
逆に思えば 『 だれでも重くなってしまう可能性がある 』 くらいの認識でいいと思います。
d0187891_1436781.jpg

カウンセラーや専門家への相談が必要なケース

★ペットの死後から食欲不振や過食が続き体重の極端な増減が見られる ( +-3キロ以上 )

★不眠などの睡眠障害が続く

★2ヶ月経っても死直後と変わらない悲嘆、もしくはかえってひどくなっている

★『 死にたい 』 と言ったり考えたりする

★自分の体を傷つける

★『 自分のせいで死んでしまった 』 など非常に強い罪悪感に苦しむ

★引きこもりの状態が続く

★ペットの幻覚を継続的に見る

★悪夢やフラッシュバックにひどく苦しめられる

★( 子供の場合 ) 死別後1ヶ月以上経っても夜泣きが続いたり、暗闇などに強い恐怖を感じる
幼い子供には死を説明しづらく、つい 『 眠ってしまったんだよ 』 とやわらかな言葉で説明してしまいがちですが、自分も眠ると両親に逢えなくなってしまうと眠る事を恐れたり、眠る=暗闇=死 のイメージから暗闇に極端な恐怖を感じてしまった子供のケースは少なくないそうです。
いろいろな事に疑問を持ち始める年頃の子どもには、ファンタジックな表現よりも子供がわかる言葉で死を説明してあげると不必要な不安を与えません。
子供なりにきちんとお別れすることは のちにペットを迎えたときにも必ず良い影響があると思いますし、生と死を学び命の大切さを知る出来事になります。


ここではとても心配されるケースをあげましたが、ペットロスカウンセラーをはじめ 最近ではペットロスに関心をもってくださる心療内科医や臨床心理士の方たちが多く門を開いてくれています。
『 心療内科 』 というと抵抗を感じる方もいると思いますが、諸外国ではカウンセリングは日常的なことと受け入れられています。
重度でなくても 『 気持ちを吐きだす場 』 として尋ねてみてもよいと思います。
d0187891_14361380.jpg

重いペットロスのお話とはまた少し違うのですが、命日反応と呼ばれる状態もあります。
ずいぶん時間が経って普段は元気に過ごしている人でも 亡くなったコの命日や誕生日、記念日などに再び気持ちが落ち込むことがあります。
一度深く落ち込み 気持ちの整理もついてペットロスの症状が和らいできた人でも また深く落ち込んでしまったり、回復したりと繰り返しながら立ち直っていくケースもあります。
これらは重い状態とは違ってそれぞれの立ち直りのペースなので心配はいりませんが、周囲は 『 もう大丈夫だと思ってたのに 』 というような言葉はかけないで その人のペースだと理解して見守ってください。


次回 四通目では 『 ペットの最期について考えてみる 』 のお話をします。

飼い主が決定しなければならない安楽死や尊厳死のお話、お別れの仕方 ( 弔い方 ) など
『 その時 』 にパニック状態で初めて考えるのではなく なんとなくのイメージでも持っておくことが大切です。

のんびり更新ですが もうしばらくお付き合いください。


マジメな記事を黙々と書いてる間、銀次はずっとヒザの上。
3時間、10キロがずっとヒザの上。
江戸時代の拷問状態、わかる方 わんクリックどんぞ070.gif
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

寝るコは重い072.gif
[PR]
by ginjitoutage | 2012-05-29 16:57 | ペットロスのお話
<< ★知ってほしいペットロスのお話... ★知ってほしいペットロスのお話... >>


カテゴリ
★お友達ブログ&SHOP★
フォロー中のブログ
最新の記事
以前の記事
最新のトラックバック
venussome.co..
from venussome.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧