銀次と宴を


  2009年3月20日生まれ  ボストンテリア10キロ女子:銀次のアウトローなおふざけ日記
by ginjitoutage
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

★4ボステリと女子の秩父癒しの旅 その1★

『 だって・・・ 梅雨だもん・・・ 』
そんな言い訳をしながらも 週間天気でだんだん曇りマークに傘が開いていく様子をドキドキしながら見つめる雨オンナ ; 母ちゃん。

イベントを楽しみにしすぎると雨になるジンクスを持つ母ちゃんにメンバーは 『 気合いを入れるな 』 『 用意をするな 』 とツッコミ。

『 オレを置いて行くからだー はっはっはっ~』
と大人げない呪いをかける父ちゃん。

そんな梅雨時の6月16日、17日。 
銀次にとって初めてのワンコ友達との旅行、『 女子とワンコの癒しの旅 IN 秩父 』 に行ってきました。
d0187891_13474066.jpg

立ち寄った嵐山サービスエリアにて。 ・・・つまんなそうな犬たち。

メンバーは小鉄 &まーさん
       アプリ &チャイマル
       うめ &うめまま
        そして この旅でヘタレの正体が次々と明らかになっていく銀次。

朝から降り続く雨に 『 母ちゃ~ん やめてよ~ 』 とヤジが飛ぶ車内。

『 自称 ; 晴れオンナなら晴れさせろやー 』 と3人にヤジり返す雨オンナ。
d0187891_13475266.jpg

驚きだー・・・ 秩父に着いたら晴れちゃったー・・・

晴れオンナパワー、まじリスペクトっ!!

今回意外にしっかり者だと分かったうめままが下調べしてくれたワンコOKカフェ ガーデンレストラン 桜 でランチです。
d0187891_1348260.jpg

お料理を待つ間 多頭飼い体験をさせてもらう母ちゃん。 手綱が重い・・・

前から見るとこんなカンジ・・・
d0187891_1348123.jpg

みんな連れ去られる不安を感じて おのおのの飼い主に目で訴える。

とんちんかんな銀次はうめままについて行こうとする。 
おまえの母ちゃん信用ないぞー。
d0187891_13482087.jpg

ワンコ連れはステキなお庭を眺めて すぐ下に流れる長瀞の川のせせらぎを聞きながらテラス席。
d0187891_13482884.jpg

二日前に激太りが発覚した銀次はみんなのようにヒザに乗せるには困難なわけで。

一番小さいうめが4キロ。 うめ3コ分の重さですから。
( レモン3コ分のビタミンC風に )
d0187891_13483738.jpg

おそば&天ぷら到着♥

普通に美味しいおそばも静かで空気のおいしい環境だと よりうましっ♥

めんつゆをストレートで飲み干す母ちゃんに引くチャイマル。
もちろん天つゆも美味しくいただきました。

お次に向かったのは 大自然の賜物 『 岩畳 』
d0187891_13484566.jpg

『 この岩を全部積んだヒトすごいねーーっ!! 』 

と、毎度のチャイマル語録に総ツッコミを入れるまーさん&うめまま。
d0187891_13485387.jpg

みんな楽しそうに進んで行くのに ひとり動きがぎこちない銀次。

置いてかれるぞ。
d0187891_1349197.jpg

置いてかれたぞ。


すんばらしい景色っ!! 東京から1時間で大自然っ!! 日本は小さいっ!!
d0187891_1349999.jpg

を、遠くから眺めるだけの犬。
d0187891_13491690.jpg

いつもはケンカっぱやくて威張りん坊が 仲間から冷たい視線をいただき気まずいの図。

『 なんだよ~ ヘタレ~ 』 『 怖がりすぎ~ 』
普段とっても優しいまーさんまでもがディスる程の情けなさ。

長瀞の川= 『 投げられる 』 と若かりし頃のトラウマがあるのか無いのか・・・(それは謝る)

こんなトコとっとと離れましょうと
d0187891_13492985.jpg

先頭きって引き返す。

ライン下りの船着き場のお土産屋さんが並ぶ道。

あんこのおまんじゅうに酢の風味をつけた 『 酢まんじゅう 』 なる物を試食させてもらいました。

ネーミングにヒットしてしまったうめままと母ちゃんはこの旅中ずっと 『 スマンじゅう♥ スマンじゅう♥ 』 と連呼してました。
みなさんも謝りたい時にお使いくだされ。

お次に向かうのはドックラン&ワンコの温泉ドッグスパ~☆
次回に続きま~す☆

奇跡的に雨がやんでよかったね のわんクリックどんぞ
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

晴れオンナ様たちのおかげです
[PR]
by ginjitoutage | 2012-06-30 15:41 | Comments(8)

★銀次被害者の会と健康診断 @はなこ家★

6月14日(木) ムツ5ロウ王国状態のあのコんちに行ってきました。

・・・正確には 『 散らかしに 』 行ってきました・・・ 最初に謝っちゃえ♥ めんご♥

元はブヒ&ニャーの2匹生活から、春に3匹のブヒ&ワン&ニャーが仲間入り・・・
そして、保護した産まれたての仔猫2匹も仮住まい・・・ に、賑やかすぎるぜ・・・

そんな平和な生活を散らかされた 『 銀次被害者の会 』 のみなさんをご紹介。
d0187891_21653.jpg

被害者その1 フレンチブルドック はなこ
d0187891_211644.jpg

ブレブレになるほど激しく抗議するはなこ。

『 ヒトんちで威張って暴れといて銀次のヤツめっ! 納得いかんでつよっ! 』

・・・はなこと銀次の毎度のギャンスカ。 結果はなこサークルIN。  すまぬっ!!


お次はニューフェイスのブヒ ブルドックの ほのか  ・・・あ・・逢いたかったぁー☆
d0187891_212310.jpg

寝てる時も起きてる時も地響きのような魅惑の吐息。 圧倒的な存在感。 ツッコミどこ満載。

銀次と対面させるのが楽しみだったんだけど~・・・
d0187891_213031.jpg

・・・はい、被害者その2・・・

顔見るなり挨拶代わりにギャンスカおっぱじめた銀次にドン引いたほのか。

その後は日差しガンガンもお構いなしでテラスのお昼寝続行。  すま~ぬ・・・

あまりの騒がしさで昼寝をジャマされたであろう被害者その3・・・
d0187891_213821.jpg

ニューフェイスにゃんこ たまちゃん

・・・ムツ5ロウ王国のウラ番長、にらみをきかせて通りすぎて行きました。 しぃやせんっ!!


仮住まいの段ボールハウスからガッツで脱走を繰り返す赤子×2・・・
d0187891_214634.jpg

チミら めっちゃプリチーやんけーーーっ♥♥♥

こっち見てるチミ、顔の模様が銀次クリソツやんけーーーっ☆

産まれてすぐ捨てられてたこのコたち。 まだまだ小さいけどもっともっと小さかったって。
離乳も済んだので新しい家族の所へ巣立ちます。
・・・こんな小さな命をさ、捨てるヤツがいるんだよ。
d0187891_21534.jpg

そうだよ! ふとどき者にはキョーレツなのをお見舞いしたれっ!!

たくましく幸せになるんだぞ☆
d0187891_2213.jpg

まさかの被害者その4は赤子・・・ 母ちゃん情けなくて頭痛がするぜっ!! 

『 オンナ子供も容赦しないぜっ 』 でお馴染みのチンピラ銀次は、しばらく匂いを嗅いだり観察してたと思ったら、同席してたYちゃんのヒザで甘える赤子に突然ジェラシー・・・

犬なんかに負けない強いネコになるんだぞっ!! 小銀次ぃー!! (勝手に命名)
d0187891_22976.jpg

静かな休日を引っかき回された被害者その5 ムック

年功序列とか、縦社会とか、まったくお構いなしでタメ口ギャルの破天荒な挨拶がムカついたらしい。 (そりゃそうだろ)

いつもは大人しくお客様をお迎えできるいいコです。


さて、散らかしたおした銀次は・・・
d0187891_222935.jpg

わっははー☆  はなこ家は動物病院なのだー☆

まだ3才、もう3才、健康診断を一度詳しくしてもらいたくてお願いしてたのだー☆
人間なら 『 人間ドック 』 ・・・犬なら?? 『 ドックドック 』 ??

悪いトコは頭くらいだろうけど診てもらいました。

まずは体重測定。
d0187891_223697.jpg

マジか?! マジメでか?! 11.5キロ?! 母ちゃんのけ反るわっ!!

3月には10.7だったのに・・・ (十分重いですよ)

思い当たるフシはある・・・
d0187891_224499.jpg

家では基本すぐ横になりたがるこの頃。

『 落ちついたんだね~ 』 なんて良く解釈してたけど、思えば目に余る怠惰っぷり。

たかが0.8。 だけど犬にとっちゃ急激な増え方。 母ちゃん反省。

しかもっ!! 銀次が処方されてるフィラリア予防の薬の体重制限からオーバーしてるので、ワンランクUPにするか(金額もUP♥・・・涙) 元の体重へダイエットするかビミョーなライン。

痩せましょう。痩せてみせましょう。

できるだけ体に負担のない方法で食事&散歩の見直しです。
d0187891_225480.jpg

患者としてお世話になるのは初めての銀次。 テンパる。

夫婦で獣医さんてやっぱカッコいいなぁ~☆

いろんな角度からレントゲンを撮ってもらいました。
d0187891_233143.jpg

見よっ! がっつり骨太! アバラのアーチにウットリしちゃいます。 異常なしっ!

血液検査では パパから 『 銀次、血の気が多い? 笑 』 とドンピシャな質問をされましたが、多血ぎみだそうです。 別に問題なしっ! (血の気が多いのは問題だけど)

エコーで内蔵を診てもらってちょっと気になるトコ一個。
胆のうに少々の影アリ。 初期の胆泥症との事でした。 
重度になるまで症状が現れにくいとのことなので、こうやって診てもらって大正解でした。
元気で間違いないって思ってたから この展開にはビックリしたけど改善できるチャンス!!
d0187891_234126.jpg

お薬続けて次回の検査にはピカピカな胆のうを目指します☆
d0187891_234870.jpg

性格が良くなる薬はないですかねぇ~??

被害者の会のみなさん、お騒がせしました♥ 
Yちゃん、たくさん銀次を転がしてくれてありがとっ♥
パパ先生&ママ先生、これからもよろしくねっ♥

・・・登場しなかった先住にゃんこ ちび太 は銀次の姿を見た途端、ひっそり奥へと身を隠していきました。 ・・・かしこい。


健康は大事~  あたすは銀次~
ノリノリなわんクリックどんぞ
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村


ちょっとお知らせ
ペットロスについての記事に興味を持ってくださったわんこオリジナルグッズ製作販売 DOGPAPAさんがHPの 『 わんこブログインタビュー 』 のコーナーでこのブログを紹介してくださってます。
母ちゃんの嬉し恥ずかしなインタビュー、冷やかしで覗いてやってくだされ★
[PR]
by ginjitoutage | 2012-06-22 05:15 | Comments(8)

★知ってほしいペットロスのお話 五通目★

長くにわたってお話してきた ペットロスに備えての心構え、今回五通目で最後になります。
d0187891_165570.jpg

別れの準備;弔い方について情報を集めておく

最愛のペットを看取ったあとのお別れの仕方について考えるお話です。
いざという時は気が動転したうえに、大切な事柄を決めなくてはいけない事に追われてしまいます。
見送り方、弔い方で後に後悔を残さないように情報を集めておくと少しでも心穏やかに納得のいくお別れになると思います。

最近は様々なサービスの選択肢があります。
地方自治体やペット霊園などの専門業者、専門業者には自宅近くまで火葬装置を乗せた車が来てくれたり、お別れの儀式(お葬式)をしてくれる所もあります。
まだ数は多くありませんが、これまで宗教上難しかった 『 ペットと一緒に入れる霊園 』 もあります。 人と動物が共に入れるお墓です。

ペット社会の広がりで多くの選択肢があるのはありがたいことですが、中には営利目的に走りすぎてしまっている業者も存在することは事実です。
実際数年前に大きなニュースにもなりました。
託されたペットたちの遺体を無責任にも山の中に捨ててしまった業者です。
飼い主さんたちの気持ちを踏みにじる上に、飼い主さんの 『 ペットに対して申し訳ない 』 という深い傷を負わせてしまった悲しい事件でした。
『 なぜあんな業者に任せてしまったんだろう 』 たくさんの飼い主さんが泣きながら険しい山中を歩き、愛するペットの遺骨や遺品をさがしていました。

ここまで残酷なケースでなくても 『 火葬した骨が粉々になっていた 』 『 丁寧な扱いではなかった 』 『 お別れを急かされるように火葬されてしまった 』 など、トラブルが多いそうです。

なかなか踏み出しづらい調べ事ですが、クチコミや実際にサービスを受けた人に話を聞くなどして前もって信頼できる所を探しておくのがよいと思います。

もちろん決して霊園に埋葬しなければならないという決まりはありません。
お別れの仕方は飼い主さんの想いで様々です。
小動物でしたら自宅の庭に埋葬したり、火葬後の遺骨を自宅で安置する方、チャームポイントだったシッポなど遺骨の一部を形見として身につける方、寂しい思いをしないようにと他の動物たちと一緒に供養してもらう方、看取ってくれた獣医師へそのまま亡骸を託される方・・・
もっとも良い方法は飼い主さんが納得できる方法です。

火葬については 自分のペットの遺骨を選り分けて形見にすることはできませんが費用は比較的安価な合同火葬と、遺骨を引き取ることが可能な個別火葬があります。

犬の場合は 『 飼い犬登録の抹消 』 や 『 血統書の返却 』 など届け出の手続きが必要になります。
d0187891_17343.jpg

自宅に祭壇をつくり、ペットの写真を好きだったオヤツやお花で飾ったり、ペットに宛てて手紙を書いて捧げたり、思い出を語る場所にしたり・・・ 
亡くなったペットのことで最後に没頭できる時間です。
供養の形は決まったものはありません。
飼い主さんが思うように、してあげたいように、形にはせず心の中でペットを想うのもすべて供養です。
思い出しながら、泣きながら、感謝しながら、ゆっくりとお別れをしてください。
d0187891_171015.jpg

母ちゃんがペットロスを学んだときに ありがたいお話を聞かせていただいたご住職がいらっしゃいましたので紹介します。

ペットたちはあなたを悲しませるため、また苦しませるために亡くなったわけではなく あなたと一緒にいることが幸せであったから命の尽きるまで側にいてくれたのです

横田晴正さん、新潟県長岡市の長福寺というお寺のお坊さんです。
人のお坊さんでもあり、動物のお坊さんでもある方です。
子供の頃からこよなく動物を愛している方で、動物にも人と同じようにお経をあげたいという思いからお坊さんの道に入られた方です。
長福寺にはペット霊園もあり、ペットロスカウンセラーでもある優しくありがたいご住職の言葉を求め全国から飼い主さんが訪ねるお寺です。
ご住職と聞くと年配の方を想像しますが 1971年生まれの若々しいユーモアたっぷりな親しみやすい方です。
『 こんなにも温かい気持ちになれるなんて 』 とご住職のお話を聞いている間ずっと涙が止まらなかったのを覚えています。
願わくば銀次の 『 その時 』 にはまたご住職に逢いに行きたいと思いました。

ペットロスの知識、心の準備についてこれまで母ちゃんなりに伝えてきましたが、少し力不足を感じますので横田住職の書かれた本も紹介します。

『 ありがとう。 また逢えるよね。 』
『 老いゆくペットと幸せに暮らすための40の心得 』

ペット霊園ソウルメイト 横田住職のHPです。 本の紹介はペットメモリアル用品を見てください。

わかりやすく、優しい言葉でつづられた内容ですので、悲しみの真ん中にいる方も これから迎えることに不安を抱えている方にも一歩新しい気持ちになる本です。
d0187891_17219.jpg

新しいペットを飼うということ

『 ペットは亡くなった時がつらいから 』 と動物との暮らしをあきらめないでください。
動物と暮らすかけがえのない幸せを知っているのにとてももったいないです。
たしかにお別れはつらいですが 神様から預かった宝物 という教えがあります。
『 神様から預かった動物の命を この世で幸せにして また神様にお返しする 』
そう考えるとつらくても優しい気持ちになりませんか?


『 亡くなったあのコがヤキモチをやくから新しいコは飼わない 』
母ちゃんはそう思いません。
子供の頃から何度もペットを看取って また新しい出逢いで動物を飼う母ちゃんに母は
『 (亡くなった)あのコが ここに行けば美味しい物が食べられて大切にしてもらえるよって教えてこのコはここに来たんだね 』 って言ってくれました。
母ちゃんらしくないメルヘンチックな話ですが銀次も先代リス;累の誘いで我が家に来たんだと信じます。
そして銀次もまた出逢いの輪をつないでくれるんだと思います。
d0187891_1733100.jpg

有名な詩ですが The Rainbow Bridge Poem  虹の橋 あらためての紹介です。

天国のすぐ手前に 『 虹の橋 』 と呼ばれている場所があります。
この地上にいる誰かと特別に親密に結ばれていた動物が亡くなると その子は虹の橋へ行くのです。
そこにはその子たちがみんなで一緒に走ったり遊んだりする草地や丘があります。
たっぷりの食べ物や水、陽の光が降り注ぎ とても暖かく心地良く過ごしています。
病気だった子も年老いていた子もみんな元気を取り戻し、傷ついて不自由な体も元気な頃のように取り戻し、それは過ぎ去りし日々、私たちの夢のような日々の姿です。

動物たちは幸せで満足しています。
ただ1つのことを除いては・・・
それは彼らが残してきた 彼らにとって特別なあなたがいない寂しさ。

動物たちはみんなで走ったり遊んだりしています。
と、その時、ある一匹の動物が突然立ち止まり遠くをジッと見つめます。
その瞳はキラキラと輝き、喜びで体が震えます。
突然その子はみんなの群れから離れ、緑の草を飛びこえて はやくはやくと走りはじめます。

そう、あなたがいたのです。
あなたと あなたの大切なあの子がやっと逢えたのです。
再会に喜びあふれ 固く抱き合い もうニ度と離れることはないのです。
喜びのキスがあなたの顔に降り注がれ、あなたの両手は愛おしいその子の頭を優しく撫でます。
そして長い間あなたのそばから離れていたけれど、その心からは1日とて離れることのなかった信頼に満ちたまなざしをもう一度見つめるのです。

そして あなたたちは一緒に虹の橋を渡っていくのです。
d0187891_174930.jpg

ペットを飼う以上いつかは迎える時だとわかってはいても、なんとなく考えないようにして踏み込めなかったペットロスのお話。
この記事を読んでくれた人が少しでも新しい気持ちになってくれるといいなと思います。

ペットを飼う人はもちろん、ペットを飼っていない人にも知ってほしいペットロスのお話です。



『 なんかわかんないけど伝わったぜっ 』 って思う人もわんクリックどんぞ
にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

散らかし屋の絡みベタな銀次が虹の橋でも騒動を起こしませんように・・・(切実)
次回からはまたおバカ全開珍道中日記に戻ります
[PR]
by ginjitoutage | 2012-06-14 04:05 | ペットロスのお話 | Comments(10)

★知ってほしいペットロスのお話 四通目★

今回のテーマは母ちゃん自身も改めて考えさせられることが多く、こうして記事にまとめるのにもかなり時間がかかりました。

四通目の今回は
ペットの最期について考えてみる
考えるだけでも重い気持ちになってしまいますが、パニック状態で迎える 『 その時 』 に飼い主さんはいくつかの重大な決断をしなければなりません。 実際にペットの死をイメージしてみましょう。

突然の事故にあってしまった、重い病気で余命を宣告されてしまった、多くの飼い主さんは動物病院を頼りにすることと思います。
そして いくつかの治療法から獣医師と選択したり、場合によっては最後の選択 『 安楽死 』 を決断することになるかもしれません。

最期まで延命治療をするのか、できるだけ自然な形での死を迎えるのか、ペットのリビングウィルを考えておきましょう。
d0187891_0511799.jpg

みなさんは安楽死と聞くとどんなことをイメージしますか?

正直な話、母ちゃんはペットを安楽死させたことはありません。
なので安楽死と聞くとまず飼い主を失った健康なペットが殺処分されることが最初に浮かんできました。 きっと同じようにイメージする人も少なくないのではと思うのですが・・・
あまり良いイメージを持たない安楽死、実際に選択をせまられても絶対に選ばないだろうと思っていました。
『 安楽死 = 命をあきらめる 』 というマイナスな印象もあって、飼い主たるもの どんなに重い病気で苦しんでいるペットでも命があるかぎりは治療を受け、最期の最期まで精いっぱい生きさせ、見守り寄りそう事こそが動物を飼う者の責任だと思っていました。
今でもなるべくなら自然な形で最期を看取ってあげたい考えに変わりはありませんが、安楽死についてじっくり学んだことで本当の意味を知りました。
d0187891_0513777.jpg

安楽死とは・・・
死期の迫っている末期患者が耐え難い肉体的な苦痛に苦しんでいる際に薬剤などを用いて安らかな死を迎えさせること。
治療のひとつとして病者の苦痛の緩和を目的として行われる。



安楽死を選択する要件

★助かる見込みがなく その死が迫っていること

★耐え難い肉体的苦痛があること

★苦痛の緩和を目的とすること

★飼い主の明瞭な意思表示があること

★特別な理由のない限り 獣医師の手によること

★その方法が倫理的であり 動物愛護の観点から妥当なものとして容認されること

★ペットのQOL (クオリティオブライフ;生活の質)の著しい低下があること
 痴呆で飼い主をわからなくなって攻撃的になった場合や自力で食事・排泄ができなくなった場合
 など


★飼い主のQOLの著しい低下があること
 延命治療費の支払いが困難な場合や 常にペットにつきっきりで普通の生活がおくれないなど


★獣医師の判断、同意があること。 理想は複数の獣医師の同意。
d0187891_0514823.jpg

病名・症状・現在どの程度の痛みを伴っているのか・どんな治療法があるのか・それは苦痛を伴うのか・どの程度の回復や延命効果が期待できるのか・治療費にいくらかかるのか・・・
飼い主さんは獣医師まかせにせず すべての説明を受け 知っておかなければなりません。

ペットの生活の中で喜びよりも苦痛の時間が長くなった場合、最善を尽くしても死を待つばかりでペットの苦しみを長引かせる延命であれば安楽死という方法でその苦しみを取り除いてあげる選択も勇気のある優しさです。

治療に疑問がある場合や獣医師の説明に納得がいかない場合はセカンドオピニオン、サードオピニオン (別の獣医師に診てもらって意見を聞く) を求めても失礼にはなりません。
もし疑問を持ちながらもペットの死を迎えた場合は のちに大きな後悔となります。

安楽死を決断する場合は どんな薬を使って どのくらいの時間をかけて どのような亡くなり方をするのか 獣医師から説明を受けてください。
ほとんどの場合 鎮痛剤や麻酔薬の過剰投与によって眠るように安らかに亡くなる方法が使われます。

その際 立ち会うかどうかも考えておきましょう。
ペットが生きているままの記憶をずっと抱いていたいと思う人、亡くなるところを見る苦痛に耐えられない人は安楽死の処置をすべて獣医師に任せ 立ち会わない場合もあります。
現場に立ち会うことは あいまいな部分がなくなり のちにさまざまな想像をせずにすみ、薬効が現れるまでペットを抱いて見守ることができます。

大切なのはすべて飼い主の決定によるものでないといけません。
『 先生がこう言ったから 』 『 (他人に) ペットが可哀相と言われたから 』 ではなく、飼い主さんが十分に納得して決断しなければなりません。
子供を含めた家族全員でよく話し合うのも大切です。

いくら考えつくして納得した安楽死であっても罪悪感は感じてしまいます。
『 あのコはもっと生きたかったかもしれない 』 『 自分が殺してしまった 』
そんな時は生前のペットの病状、安楽死を決断した経緯を思い出してください。
あのコの苦しみを取り除いてあげるための最後の治療だったはずです。
d0187891_052230.jpg

尊厳死
(本来人間に使われる尊厳死についてはここでは省かせていただきペットの尊厳死について説明させていただきます)

★ペットが助かる見込みがなく、その死が迫っているとき死期を引き延ばすための医療は行わず
 自然死にまかせる。


★ペットに耐え難い苦痛があるとき死期を早めることがあるにしても鎮痛剤や麻酔薬の投与による
 痛みの緩和処置を優先する。


★ペットの心肺機能が停止したとき心肺蘇生処置を行わない。

なるべく自然な形で迎えさせる死です。
でも苦しみや痛みだけを取り除く治療は続けます。
安楽死処置で書いたように鎮痛剤や麻酔薬の過剰投与で亡くなる場合もありますので間接的には安楽死に該当します。
d0187891_0521512.jpg

病理解剖

病気の発見が遅れて手の施しようがなかった、容体が急変して最期を看取れなかった、死因がはっきりしない突然死 など不本意・不確かさが残ると失敗感や罪悪感などから自分を責めペットロスを重くしてしまう要因となります。
死因が不明の場合は病理解剖で明らかにする方法もあるので獣医師に相談してみるのもよいでしょう。
たいていの人は解剖に否定的だと思いますが きちんと調べることで想像から自責の念にかられることがなくなり、また多頭飼いの家庭では感染症などの原因をつきとめ他のペットの健康に役立つことがあります。
d0187891_0522282.jpg

安楽死とは飼い主が自分で別れの日を決めるもっともつらい決断です。
『 どんな姿であれ少しでも長く生きていてほしい 生きている姿を見ていたい 』 という唯一の望みを置き、ペットの立場に立って苦しみから解放してあげる優しい決断です。

安楽死を選択した人に 『 冷たい人だ 』 『 よくそんなことができたね 』 なんて言葉を発することは決してあってはならないのです。


安楽死については人であれ動物であれ さまざまな意見をもつ人がいることは知ってます。
この記事を読んで安楽死推進派か?と怒る人もいるかもしれません。
少し前の母ちゃんは経験が無いとはいえ 無知でただ否定的な考えしか持ってませんでした。
普段あまり積極的に語られる話題ではないので 思い込みを捨てられたこと、意思を持てたこと、良い勉強になりました。


お別れの仕方(弔い方)は次回五通目に続きます。


『 畳の上で死にたいねぇ~ 』 と言ったら 父ちゃんに 『 あなた畳キライでしょ 』 とバッサリ言われてしまった母ちゃんのリビングウィルにわんクリックどんぞ

にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

そうなのー 爪が引っ掛かるのが苦手なの
[PR]
by ginjitoutage | 2012-06-07 04:25 | ペットロスのお話 | Comments(11)


カテゴリ
最新のコメント
更新まってましたーー!!..
by ロペ母 at 07:52
もとさんへ♪ なか..
by ginjitoutage at 12:24
仲良し姉弟 良いね~(^..
by もと at 09:00
ぶんたろうさんへ♪ ..
by 銀次の母ちゃん at 15:21
もとさんへ♪ もう..
by 銀次の母ちゃん at 15:03
ハヂメ、新しい保育園行き..
by ぶんたろう at 22:58
人生も犬生も まだまだ楽..
by もと at 07:14
もとさんへ♪ 一気..
by 銀次の母ちゃん at 12:32
やはり 最高の姉弟 笑..
by もと at 08:24
ひなたもっこさんへ♪ ..
by 銀次の母ちゃん at 01:14
★お友達ブログ&SHOP★
フォロー中のブログ
最新の記事
★ざっくり2016★
at 2017-02-02 19:13
★なんでだろう★
at 2016-10-27 15:22
★溶けてました★
at 2016-08-19 10:54
★ハヂメという男★
at 2016-05-26 15:57
★誕生日だョ!全員集合★
at 2016-05-06 05:20
以前の記事
最新のトラックバック
venussome.co..
from venussome.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧